menu
  • シノビプラン

ドローンを操縦する際の注意事項
2018.12.23
先日、ドローン講師の方にアドバイスいただきました。ドローン事故の多くが、【リターントゥホーム】の高度設定ミスによるものだそうです。
※【リターントゥホーム】とは、ドローンを自動で戻す機能のこと。

その理由としては、ドローンを飛ばしてみれば分かるのですが、周りの環境や高度によって電波干渉が入る場合もあるので、常に本体を確認できる状態において目視でコントロールするのが練習にもなるし、安全というわけです。

ですので、【リターントゥホーム】は電波回復しなかった場合の命綱程度に認識し、電波状態が回復したら手動操縦に戻すことを推奨されていました。

現在のところ、ドローンを飛ばす際には、国土交通省の承認をうけた場合を除き、操縦者が肉眼で確認しながら飛行させる「目視内飛行」が定められています。操縦者の中には、ドローンを飛ばして撮影が終わったタイミングで自ら【リターントゥホームボタン】を「終了ボタン」のように押して帰還させる方もいらっしゃいますが、やはり周囲に障害物があったりすると危険ですので、ドローンを手元に返すまで操縦することが安全対策としては良さそうです。

ドローンも安全運転を心掛けくださいませ。
※この記事は2018年7月18日に投稿した内容に一部付け加えています。
  • シノビプラン

ドローンを操縦する際の注意事項
2018.12.23
先日、ドローン講師の方にアドバイスいただきました。ドローン事故の多くが、【リターントゥホーム】の高度設定ミスによるものだそうです。
※【リターントゥホーム】とは、ドローンを自動で戻す機能のこと。

その理由としては、ドローンを飛ばしてみれば分かるのですが、周りの環境や高度によって電波干渉が入る場合もあるので、常に本体を確認できる状態において目視でコントロールするのが練習にもなるし、安全というわけです。

ですので、【リターントゥホーム】は電波回復しなかった場合の命綱程度に認識し、電波状態が回復したら手動操縦に戻すことを推奨されていました。

現在のところ、ドローンを飛ばす際には、国土交通省の承認をうけた場合を除き、操縦者が肉眼で確認しながら飛行させる「目視内飛行」が定められています。操縦者の中には、ドローンを飛ばして撮影が終わったタイミングで自ら【リターントゥホームボタン】を「終了ボタン」のように押して帰還させる方もいらっしゃいますが、やはり周囲に障害物があったりすると危険ですので、ドローンを手元に返すまで操縦することが安全対策としては良さそうです。

ドローンも安全運転を心掛けくださいませ。
※この記事は2018年7月18日に投稿した内容に一部付け加えています。

top

top